Case Introduction施術方法のご紹介

当院では、「歯を残すための治療」を積極的におこなっています。
ここでご紹介する治療には高い技術力と豊富な施術経験が必要なため、他の歯科医院ではあまり実施されていないものも含まれています。

矯正挺出(きょうせいていしゅつ)

むし歯で歯ぐきの中の方まで歯が失われたり、歯の根の部分が折れてしまった場合、抜糸し、ブリッジやインプラントの治療を勧められることがあります。
当院では「できる限りご自身の歯で過ごしていただきたい」という信念のもと、「矯正挺出」という治療法をご提案することができます。 「矯正挺出」とは、歯ぐきの奥に沈んでしまった歯にフックをかけて牽引する治療です。一定の時間が経過すると、徐々に歯が歯ぐきから上へと現れますので、その上にかぶせ物をして、歯並びを整えます。

親知らず牽引(アップライト)

不要な歯として抜歯することも多い親知らずですが、横向きに生えるなど抜歯が難しく、そのまま温存されているケースがよくあります。 上の画像は奥歯を失った患者さまのために、斜め方向に生えていた親知らずを牽引し、隣の歯と絡ませて歯列を整え、最終的に失った歯の代わりとした事例です。時間はかかりますが、本来使いみちがなかった親知らずを有効活用できます。

歯の移植

歯を失った患者さまに広くおこなわれる治療が「ブリッジ」です。
ブリッジとは、失った歯の両側の歯を削り、これらを土台にして人工の歯を橋渡しをするように装着する治療法で、違和感が少なく、グラグラしづらいという利点があります。
ここでは、ブリッジを選択せず、親知らずを移植する治療法をご紹介します。ブリッジは人工の材料を使用して製作しますが、親知らずはご自身の歯であるため、ブリッジより違和感が少なく、噛みごこちがいいことが特長です。
「移植手術」と聞くと大げさに感じる方もいらっしゃるでしょうが、手術自体は当院でおこない、所要時間も1~2時間程度。抜歯後時間をおかずに施術すると、手術時間が短くすむ可能性が高くなります。

コーヌスクローネ義歯

一般的な義歯は歯ぐきの粘膜の上に装着します。コーヌスクローネ義歯は支えとなる歯を外冠でがっちりとつかむため、ぐらつきや違和感が少なく、思いきり噛めるという利点があります。とくに歯の本数が少ない方に向いています。
かなり以前からある治療法ですが、高い技術が求められるため、施術できる歯科医院が少ないのが現状です。
また、術後に独自のブラッシングが必要ですので、その指導もおこないます。
以上の事例に登場する治療法は組み合わせて複合手術をおこなうことも可能です。
残る歯が少なくなってきても、歯周病が進行しても、あきらめる前に一度ご相談ください。
他院なら抜歯になるケースでも、矯正治療やその後のブラッシング習慣で、長く維持することも充分可能です。

診療案内

歯は健康の入口。自分の歯を失ったときの喪失感や不便さは失って初めてわかるものです。
当院はご自身の歯を1本でも多く維持し、生涯にわたる歯の健康づくりをお手伝いします。

受付時間

日・祝

9:00~12:00

/

/

13:30~17:30

/

/

診療時間 午前 9:00~12:00 / 午後 13:30~17:30
*急患・初診の場合は随時柔軟に対応いたします。
休診日 木曜/日曜/祝日

…定休日

MAP マップ

〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-35
御殿山トラストタワー3F
TEL:0120-884-693
急患・初診の場合は随時柔軟に対応いたします。 東海道本線品川駅 無料シャトルバス 2分
東海道本線品川駅 高輪口 徒歩10分
京急本線北品川駅 出口 徒歩5分